Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2019年イヤー・リーディング

 

大きく息を吸って、そしてゆっくりと吐いて下さい。

肩の力を抜いてリラックスしたら

上の5組のカードたちを眺めて下さい。

 

そしてピンと来たカード1組を選んでください。

 

 

それが、今年のあなたへのメッセージとなります💐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①を引いたあなたへ

仲直り
あなたの気持ちを話しましょう

 

鎧を脱ぎ、素の自分と出会う。

誰かとの関係性が、今年新しく結び直されるかもしれません。身近な人たちや、友人やパートナー、家族、仕事仲間、1度解けてしまい疎遠になってしまった人などの関係性に新しい風が吹くかもしれませんが、その関係性の変化を通して、何よりもあなた自身との関係性が変わってゆくことをカードは伝えているようです。

一番近くにいるはずのこの「自分」。何処から何処までが「自分」なのか?という哲学的な問いの答えは、決して誰にも出すことはできませんが、この親しくも未知なる「自分」との関係性が、より豊かに2019年は発展してゆくようです。

自分の城を築くために、私たちは時として誰かや何かをコントロールして、自分を守ろうとします。
しかし、そうやって作った城はとても脆く、いつ壊れるか分からない不安と、城を守る緊張感は、中々とぎれないだろうと思います。
①のカードを引いた人が今年作りはじめる城は、そんな外側の城ではなく、どうやら自分の内に築くもののようです。
それは、時とともに変わりゆく景色の中でも、決して風化しない「城」になるだろうと思います。
そして2019年も、その後も、あなたを守り続けてくれるだろうと思います。
やすらぎ、真っ白、本音、そんなキーワードが浮かんできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②を引いたあなたへ

整理整頓
親友

 

手放し、そして選び取る。

何でも沢山あることが豊かでいいことのように感じる事もあるかもしれませんが、あまりにも多すぎる選択肢や情報は、人をかえって疲労させたり混乱させてしまうこともあります。
好きだからとあまりにも多くの量を食べてしまうと、私たちは身体を壊してしまうこともあります。

かつての自分にとっては大切だった存在も、成長や時間の経過によって合わなくなってしまう、ということが、人生には幾度となく自然と起るだろうと思います。増えてしまったもの、重くなってしまったもの、複雑になってしまったもの、使っていないもの、埃をかぶっているもの、傷がついたり壊れてしまったものを前にして、「今の自分にとって、本当に必要なものは何なのか」を自分自身に問いながら1つ1つ取捨選択をしてゆく‥そんなイメージがカードから流れてきました。

必要のないものは手放したり、これからも使い続けるために壊れたものを修理したり。
埃をかぶって眠っていた過去の記憶に太陽の光を当てて、過去の物語を未来のためにもう一度焼き直したり‥。

部屋をきれいに片付けようとするとき、部屋は一時的にぐちゃぐちゃになりますが、本当に何が必要なのかを見極めるためには、全部1度外に出してみなければ分からないのかもしれません。
自分が今何を持っていて、何を持っていないのか。
現状を知ることから、これから先「何を持ちたいのか」が見えてくるのかもしれません。

今年「何」を整理するのかは、人によって様々だろうと思いますが、その物質的な整理を通して整えられるのは、他でもないあなた自身の心の中なのかもしれません。
明確になった今のあなたにとっての「大切な存在」を、今年はより大切にできるだろうと思います。
解放、自由、そして愛、そんなキーワードが浮かんできます。

 

 

 

 

 

 

③を引いたあなたへ

水のペイジ

 

新しい出会い、そして旅。③を引いた人にとって今年は、これまで過ごしてきたエリアから外に出て、経験したことのない未知の世界へと足を踏み入れることになるでしょう。

印象的な出会いも多くありそうです。
これまでの関係性が、不思議な流れを得て、全く新しいものへと変化する場合もあるでしょうし、新しい出会いによって、まるで生まれ変わるような経験をする人もいるかもしれません。
遠くへ旅に出る人、引っ越しをする人、結婚する人、出産する人もいるかもしれません。

既に知っていることや、既知の世界で慣れ親しんできた習慣が、新しい環境では全く通用しない、ということがあります。
人は「知らないもの」に対して、「恐れる」という性質を持つことで、自らの身を危険から守ろうとしますが、この「新しい出会い」は、私たちの価値観を鍛え、ぐっと世界を押し広げてくれます。
そして未知との出会いは「自分自身を知ること」と繋がっています。

「見たこともないもの」「知らないもの」「分からないもの」の中に、沢山の宝物が見つけられる、そんな時間のイメージが流れてきました。
世界はまるで鏡のようです。
新しい世界を通して、新しい自分に出会い、2019年の終わり頃には、今とは全く違う景色を見ながら、より心豊かに過ごしているだろうと思います。
冒険、チャレンジ、勇気、そんな熱いキーワードが浮かんできます。

 

 

 

 

 

④を引いたあなたへ

転職
仕事の転機

 

④を引いた人にとって、2019年は仕事やキャリア、社会的な役割にまつわる何かが、大きな節目を迎えるかもしれません。
中には、カードのタイトル通り、転職をする人もいるかもしれませんし、起業や独立をする人もいるかもしれませんし、既にそのために動いている人にとってこのカードは、ゴーサインを意味しているだろうと思います。

仕事のポジションが変わる人、新しく副業を始める人、仕事に向かう日々のモチベーションをガラリと変える人もいるかもしれません。
または、お仕事を一旦辞めて、心身を休めたり、これからのことをゆっくり摸索する時間を持つ人もいるかもしれません。
夢を形にするために、何かを新しく学びはじめたり、練習や訓練に励む人もいるかもしれません。
この転機は、自らの選択で起す人もいれば、外的な要因によって促される場合もあれば、思いもよらなかったチャンスや縁によってもたらされる場合もあるでしょう。

どのようなルートを辿るのか、またはどのような形を取るのかは、それぞれの人によって異なると思いますが、ここで共通して言えることは、この新しい変化は、より自分らしく生きてゆくことや、魂が喜ぶ道に繋がっている、ということだろうと思います。

何かを手放すとき、私たちの手の中が空っぽになった状態を「何もない」と呼ぶ人もいるかもしれませんが、その何も持っていない状態の両手は、しっかりと望むものを受け取れる力を持っています。
「欲しいものが分からない」「どこへ行ったらいいか分からない」「カードがまだ揃っていない」など、理由は人によって様々だろうと思いますが、もし「両手が空っぽ」の状態がこれまで続いていた人も、今年「本当に望んでいるもの」に向かって、まっすぐその手を伸ばせるだろうと思います。

気持ちと身体の波長が合う、やりたいことと今やっていることが繋がっている、自分と他者のニーズが噛み合う、そんなキーワードが浮かんできます。

 

 

 

 

 

⑤を引いたあなたへ

ヨガ
学校
火のペイジ

 

内観、学び、そして創造する。今年、人には見えない部分での地道な取り組みが、あなたの持っているものと外の世界を結ぶ架け橋となってくれるかもしれません。

何かを学び始める人もいるかもしれませんが、その学習方法も一様に「学校へ通う」だけではないだろうと思います。
勿論、新しく学校へ通ったり講座を取られる人もいるだろうと思うのですが、ここでの学びは、どこか個人、または少人数での、プライベートな雰囲気を感じさせます。

「学び」とは、決して新しい知識や技術を脳や身体に刷り込むだけではありません。
ありふれた日常生活での経験を通してからも、私たちは新しい視点を獲得し、自分が暮らしている「世界」をより彩り豊かなものにすることが可能だろうと思います。

静かに自分自身を内観することや、自分の感情や感覚を通して得た非言語的な情報を、繊細に感じ取る術を身につけることによって、よりダイナミックに外の世界へと向かうことができるだろうと思います。
新しいチャンスにも恵まれ、仲間たちとの出会いもありそうです。
内側と外側の世界の両方が、豊かに広がりをみせる、そんな時間のイメージが流れてきました。
静寂と情熱、育てる、拡大する、そんなキーワードが浮かんできます。

 

 

 

 

 

 
あけましておめでとうございます。

2019年のイヤー・リーディングをしてみました。

 

今週も皆さんにとって

素敵な1年となりますように💐

 

 

Sophie

 

 

 

 

 

 

使用デッキ:

 

 

 

 

無料リーディングは「お悩みBOX」より

随時受け付けております 🌟

 

 

 

 

 

 

 

You may also like